復縁したいと願うなら誠意を見せることが大切

婦人

別れたことを後悔したら

花

冷却期間にすべきこと

恋人とささいなきっかけで別れてしまったことを後悔したら、復縁にむけて行動を起こしましょう。一般的には別れてすぐ連絡を取るのではなく、一ヶ月から三ヶ月ほど連絡を取らない「冷却期間」をつくると復縁の成功率が上がると言われています。この冷却期間により復縁成功へ近づくためのおまじないを紹介します。まず、赤いインクのペンと新品の日記帳やノートを用意してください。この日記に毎日「恋人と過ごして楽しかった出来事」を書いていきます。実際には今は付き合っていないので、付き合っているつもりで日記をつけてください。はじめの1週間は、別れた理由で後悔していることを書きます。自分があのときこう言うべきだった、もっと相手の気持ちを考えればよかったなどの反省、謝罪する気持ちを1週間で書ききります。こうすることで別れを冷静に見つめることができ、相手との関係の大切さを思い出せます。1週間を過ぎてからは、復縁した後の未来の行動を書きます。「恋人と水族館に行ってぬいぐるみを買ってもらった。凄く嬉しい。ずっと大切にしよう。」など、復縁したら行きたいところに行ったつもりで日記をつけましょう。このおまじないで一番大切なことは、必ず前向きで幸せな内容の日記にすることです。もう一度付き合えたあとの楽しく明るい未来をはっきりとイメージすることで、自分自身の気持ちを整理し再確認することができます。このおまじないを続けて冷却期間を過ごせば、恋人に復縁の話を切り出す時も落ち着いて話が出来るでしょう。あなたの真剣な思いにきっと相手も心を動かされます。まずはこのおまじないを始めて見て欲しいと思います。